宇都宮市インプラント高橋歯科 インプラントについて インプラント治療のながれ 宇都宮インプラントセンター概要 インプラントセンター設備 宇都宮インプラントセンターTOP
 
 インプラントセンター概要
 インプラントセンター設備
 
 インプラント治療とは?
 治療のながれ
 インプラント保証システム
 
 インプラントの利点/欠点
 ブリッジや入れ歯との違い
 治療を受ける前に
 手術や痛みが心配な方
 
 all-on-4(オールオンフォー)
 総入れ歯のケース
(スーパーストラクチャー)
 特殊手術(サイナスリフト)
 特殊手術(ソケットリフト)
 特殊手術(GBR)
 
 高橋歯科クリニック
 ラパーク三郷歯科
 UICDインプラント研究会


歯を失ったときに、その部分を補うための治療法がインプラントです。

「インプラント」という言葉はよく耳にするけれど詳しいことはわからない、という方も多いのではないでしょうか?
「痛いのではないか、怖いのではないか」など不安もあることと思います。

しかし、手術そのものは親知らずを抜く程度の時間で、麻酔を使って行ないますので、痛みや恐怖感などは殆どありません。
さらに、インプラント治療は歯を失った部分のみを治療する方法ですから、他の歯に侵襲を加えることはありません。

しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。

ただ、普通の歯科治療と異なり、人工歯根(インプラント体)を顎骨に埋め込むことが必要となりますので、きちんとした知識と技術を持ち設備もしっかりとした歯科医院で行う必要があります。
インプラント・イメージ
インプラントの構造
インプラントの構造は下記のように、上部構造・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)の大きく3つの部位に分けることができます。

上部構造
インプラント冠(クラウン)、インプラント用ブリッジ、インプラント用義歯など素材は様々なものがあります。

ポーセレン(セラミック)を使ったものが一般的ですが、咬み合わせの特に強い方、歯ぎしりのある方などでは咬む面を金などの金属で覆ったものを利用することもあります。
アバットメント
設計によって様々な種類があります。

上部構造をスクリューで固定する方法と、セメントで固定する方法によっても利用するアバットメントが異なります。
インプラント体(フィクスチャー)
インプラント体は、身体との親和性が高いチタンで作られています。
骨としっかりと結合して、患者さんを内面からサポートします。

患者さん1人ひとりは骨格や骨密度など形態が様々です。
インプラント体も、患者さんに合わせた形のインプラント体を用意しています。
宇都宮インプラントセンター(高橋歯科クリニック) 〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1077-1 Tel.028-613-5123  
Copyright (C) 2004 MEDICAL CORPORATION YURYOU-KAI. All Rights Reserved.